今は苦労してもいい。若い時の苦労は宝だけど、自分で言うのはNG。

苦労人マウンティング

SHARE

今は苦労してもいい。若い時の苦労は宝だけど、自分で言うのはNG。

友達との会話中友達が突然言い出したこの一言。

「いまは苦労してもいいんだけど。」


苦労人マウンティング」に突入してしまいました。

 

なぜ、このようなコトを言い出したのか、

その経緯を書きますね。



苦労を求めてるの?

彼女は最近他人のブログの記事を書く仕事を始めました。

1記事1,500文字程度1,500円。

そして、

1記事1,000文字程度300円。

この2種類。

1記事1,500円はすごく高いらしく、

相場は300円程度らしいのです。

 

そして、最近ありがたいことに、

記事を書く依頼をまとめて50個ほどもらったのです。

 

しかし、1記事300円。

全て書き終えても、15,000円程度。

なので、どうやってこれの単価をあげていくのか、

考えていたのですが、

その時に発した一言が、

いまは苦労してもいいんだけど。

だったのです。



苦労」??????

話ぶりからして、今楽しんで記事を書いていると思ったのですが、

どうやら違うようなのです。

だって、大変な思いをして書いているからこそ、

今は「苦労」していると思ってのです、



苦労が好きなの?

大変だと思う依頼なら受けなければいいのに。

と、私はすぐに思ってしまうのですが、

「苦労人マウンティング」が好きな人は、

こうやって、自分の苦労を自慢するのですね。

 

もう、彼女の未来が見えたような気がしました。

「苦労」というものを、

自ら感じていては、いずれ行き詰ってしまいます。

他人から「苦労している」という評価を受けても、

自分にはそんな意識がなければ、

行き詰るコトなくその先に進むコトができるのですが、

新しいコトを初めてこんなにすぐに、

「苦労」を感じているようでは、

自分自身をどんどん追い詰めてしまいます

 

!!!!!!!思い出した。

そうですね。

彼女は過去の職場でも自分を追いつめて退職しています。

店長という役職を与えられ、

重労働な持ち場を任されて潰れていました。

 

自分を追い込むのがクセになっているのでしょう。

救い出してあげたい気もしましたが、

苦労して何がダメなの?

成功したいんだから下積みは必要でしょ?

と言い換えされるのが見えていたので、

何も言いませんでした。

が、彼女の今後が心配です。

潰れなければいいのだけれど。。。。

 




もっと他の記事も読みたい方は、

↓こちらでどーぞ↓


人気ブログランキング

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です