成功者は苦労をしない、苦労したという成功者はニセモノだ!

成功者は苦労をしない

成功者は苦労に苦労を重ねて成功したと思っていますか?

でも実際のところ、成功者って苦労も挫折もしていないのが現実です。

ただ、昔の話をすると、

若い時すごい苦労して、苦労したからこそ、

今があるのですね。などと、他人に苦労したと思われるのは確かなのですが、

当の本人は苦労してきたなんて、少しも思っていないのです。

 

成功者は本当に苦労をしていません。

 

きっと、苦労してないなんて、ウソだ。ってまだ思っているでしょう?

本当に何も苦労はしていません。

目標に向かって「 行動 」はしていました。

何も行動せず、毎日をなんとなく過ごして今があるわけではありません。

 

若い頃、会社が軌道に乗るまで借金まみれで、

会社をやりながらバイトを掛け持ちしていた経験だってあるかもしれません。

でも、本人は大変だなんて少しも思っていないし、

その状況すらも楽しんで、

絶対に成功する未来だけを描いてただ目標に向かっていたのです。

 

 

ただ、私たち、日本人って、、

苦労や、下積みの経験のある人の成功は応援できるけど、

何も苦労してない人の成功って応援出来ないのですよね。

ーーー

あ!!私は違いますよ。

苦労とか下積みなんて必要ないと思っているので。

ーーー

 

先日、女性議員さんが公用車を使って子供の幼稚園の送り迎えをしていいるコトが問題になっていたのですが、

そのコトについて、街角インタビューをし、いろいろな意見をテレビで取り上げていた時のコト。

1人の女性が、

「ずるいっ!」

と言っていたのです。

自分たちは大変な思いをしてパートをし、子供の送り迎えをしているのに、

公用車で送り迎えなんてずるい!と。

 

これが、この女性議員さんを批判していた大半の女性達の意見の、

心の奥底の声なのでしょう。

 

ずるい!と思うなら自分が議員になり、同じ立場になってから

物を言えばいいのに、それも出来ず、

ただの僻みで他人を批判するこの姿勢はすごく醜いです。

 

因みにこの件に関する私の意見は、

公用車で、仕事に行く前にちょっと幼稚園に寄って、

子供をドロップするのは問題ないと思います。

逆に、一度子供を預けたあと家に戻り、公用車を使いまた仕事に向かった方が

よっぽど効率が悪い。

 

議員さんには議員としての仕事があるので、

効率よく行動をして、

議員としての仕事に集中してもらいたいと思うのです。

 

きっと、ずるい!と言っている人たちは、

自転車で子供を送り、家に戻る、ちょっと大変な行動を取っていれば、

議員さんも苦労しているのね。

と共感するコトでしょう。

 

 

 

苦労話を美談とする風習、私は嫌いです。

 

出産もそうだと思います。

苦しく、痛い思いをしてこそ、母の強さと言う日本の古い美談話がまだまだ根強くあります。

なぜ、痛いのがわかっていながら、わざわざ選択するのか?

さっぱり意味がわかりません。

子供を産む時は痛い道を自ら選択するのに、

歯を抜く時に麻酔をするのは何故ですか?と聞いてみたいものですね。

 

私には2人子供がいますが、勿論麻酔を打っています。

2人目に関しては、

出てくるその時まで目の前にある大画面でDVDの映画を見ていました。

こんなに楽に子供を産んで羨ましく思いますか?

 

 

そう、どんな時も

苦労などは、する必要がないのです。いかに楽に生活し、お金を稼ぐか!

得に、楽にお金を稼いだ!なんて言っても、

尊敬してくれる人は少ないのが現実です。

何時間も会社に拘束され、楽しくもない仕事をし、お金をもらう。

苦しい思いをして手に入れたお金はいいお金で、

その逆に、楽をして手に入れたお金は汚いお金なのですか?

違いますよね?

お金はお金。

得に、苦労してお金を稼いでいると思っている人の方が

お金を豪快に使えないので、

結果お金の回りも悪く、あまりお金が入ってこなくなってしまうのです。

 

 

楽にお金を手に入れている人は、

本人がまったく苦労をしていないので、

他人に話す時、ついつい、仕事なんて楽だよ!とか、言ってしまいがちですが、

やるコトはしっかりやっています。

そして、

どんな時もポジティブシンキングです。

 

幸せに毎日を過ごしているからこそ成功者になったのです。

 

成功したから幸せになったわけではありません。

 

成功を求めて、苦労している人はいつまでたっても成功はやってきません。

苦労をしているから、成功しないのです。

毎日楽しく過ごしている人に成功がやってきます。

 

苦労していたり、毎日仕事で疲れている人に、

成功など訪れません。

 

楽しく、楽に毎日を過ごす!!!

これが大切なのです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る