「小金」を稼ぐとはいったい「いくら」?

小金っていくらぐらいでしょうね?

私がイメージする小金とは、

使ったらすぐに無くなってしまうお金。

しかし、

使ったらすぐに無くなっていまうお金っていったいいくら?

それは、人によって違うと思います。

 

日雇いのバイトで毎日1万円稼ぎ、

その日の食費に全て使い切る。

このような人にとっては、

1万円は小金なのでしょう。

だからこそ、

その日のうちに、使い切るのだと思います。

また、カジノで100万円使う人にとっては、

100万円は小金と思っているでしょうし、

1回の肩たたきで10円ずつ貯めていった子供にとっての、

1,000円は大金でしょう。

 

 

以前、FXで大分儲けてるんだよね、と言いながら、

サラリーマンをしていた人がいたので、

「え?本当に大分儲けてるの?

それなのに、どうしてサラリーマンをやめないの?

大分儲けてるなら辞めればいいのに!」

と言ったことがあるのですが、

よくよく話を聞くと、彼女にとっての大分儲けているというのは、

月2,3万円だったのです。

 

今思うと、傷つくことを言ってしまったのかもしれません。

 

私にとって、現状にプラスされる月2,3万円のお金は、

FXにかける時間を考えた時、

単なる小金 と、思ったのですが、

その人にとっての月2、3万円とは、

毎月もらっている約30万円の月収の1割に相当するので、

大金だったのでしょう。

同じ1万円でも、

人によってその価値が大きく違うので、

「1万円利益が出た」

と喜んでいる人は、

1万円を小金とではなく、

大金と思っている。

 

それに比べて、

「1万円しか利益がでなかった」

と言っている人にとっての1万円は小金なのでしょう。

 

人によってお金に対する価値観が違うので、

安易に「高い」「安い」などという言葉を使ってはいけない。

ということを最近になって学びました。

 

せっかく、この記事を読んでいただけたので、

あなたも覚えておいてくださいね。

お金の価値観は人によって違うのだから、

安易に高い、安いという簡単な言葉を使ってはいけない。

ということを。

 

ちなみに、

あなたにとっての小金とはいくらですか?




もっと他の記事も読みたい方は、

↓こちらでどーぞ↓


人気ブログランキング

最後まで読んでくれてありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る