【アロマ】胃腸の調子が悪い時

SHARE

【アロマ】胃腸の調子が悪い時




暑いこの時期胃腸の調子が悪い人が増えますね。

なぜ、この暑い時期に胃腸の調子が悪くなるのでしょう?




猛暑続きで、はいつもよりも冷たいものを食べる機会が増えたり、
冷たい飲み物を飲む回数が増えたり、
冷たい麺類で食事を済ませることが多くなったりして、
胃(または胃腸)の調子が悪くなってしまうのようです。

 

アロマで解消

 

このように胃腸の調子が悪い時は、
薬に頼らず、是非とも天然成分100%のエッセンシャルオイルをお試しくださいね。


ジンジャー   消化器系の症状を和らげるので
吐き気や乗り物酔いが軽くなります。
体をを温め、活力が出て元気を取り戻させてくれます。

ペパーミント  消化器系には、
鎮静作用、冷却作用、拡張作用があり、
食中毒、嘔吐、下痢、便秘、口臭、吐き気、
乗り物酔いに効果があるほか消炎作用があり、
前立腺と神経に働きかけます

フィンネル    ホルモンのバランスを整えます。
さらに、肝臓を助け、消化を促してくれます。

コリアンダー 抗痙攣作用と消炎作用があり、
消化不良、下痢、腸管などの痙攣、
腸のガスの溜まりなどを和らげます。

この4種類の中では、

ペパーミントオイルが他にも使いまわしができるのでオススメです。

 

花粉の時期などには、

ペパーミントとティトリーオイルを

1滴ずつマスクに垂らすだけで、

鼻の通りがよく感じます。

 

お仕事中に胃腸の調子が悪くなってしまった時などは、

ハンカチやティッシュに1滴ずつ垂らして、

オフィスのデスクの上に起きながら仕事をしても効果がありますよ。

 

是非ともお試しくださいね。




もっと他の記事も読みたい方は、

↓こちらでどーぞ↓


人気ブログランキング

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です